広告 デバイス

【比較】おすすめのVPS 4選

※本ページには、プロモーション(広告)が含まれています。

悩んでいる人

VPSを使いたいが、何を基準に選べばよいか分からない。

VPSの比較結果をもとに選び方を教えて欲しい。

VPSは、WordPressブログやWebサービスを運営する上で欠かせないものとなります。

一方、VPSを展開するサービスが数多くの種類があるため、目的や用途に応じて選択する必要があります。

今回は、VPSの特徴や料金に着目し、おすすめのVPSを紹介していきたいと思います!

ご自身の目的や用途に合わせたVPSを選択する際の参考にしていただければと思います。

おすすめのVPSの選び方!

  • お試し期間があるものを選ぶ!
  • ひと月の利用料金が安いものを選ぶ!
  • サポート体制が整っているものを選ぶ!

各社のVPS比較表を確認する

VPSとは?

VPSとは、Virtual Private Networkの頭文字を取った略称で、仮想専用サーバと呼ばれています。

物理的なサーバを提供する「レンタルサーバ」や「ホスティング」に対して、仮想サーバを提供する「仮想専用サーバサービス」のこと。

複数のユーザ(契約者)で利用する共用サーバである点は「ホスティング」と同様であるが、仮想化技術により専用サーバ用に独立した環境とroot権限が提供される点が異なる。

物理的な専用サーバを提供するサービスと比較して、提供される機能は同等ながら共用サーバ並の低価格で提供される点がメリットとなる。

https://it-trend.jp/words/vps

VPSは、以下のようなイメージで、複数の物理サーバを共有しますが、仮想化技術によりそれぞれ独立した専用サーバとして利用することができます。

また、必要な分だけ計算機資源を割り当てる構成となっているため、自由度が高いサーバを低コストで運用できる点が特徴となります。

VPS(イメージ)

VPSを選ぶ際の考え方

まず、数多くのVPSの中から、自分に合ったVPSを選ぶ際の考え方について説明します。

ここに示した考え方を参考にすることで、注目すべきポイントや自分に合ったプランを選択できるようになります。

VPSを選ぶ際の考え方として、譲れないポイントを挙げ、優先度付ける、という方法があります。具体的には、以下のようなポイントが挙げられます。

譲れないポイント

  • 初めて利用するため、一定期間は無料で利用できる方が良い
    →お試し利用が可能なサービスを選択
  • 月々の利用料金を抑えたいため、なるべく安い方が良い
    →月々の利用料金や契約期間の縛りをもとにサービスを選択
  • 将来的に扱うデータが増える見込み・アクセスも増える見込みであるため、スケールできる方が良い
    →スケールアップ可能・回線速度の速いサービスを選択
  • サーバに保存したデータは消えて欲しくないため、データに対するサポートがある方が良い
    →バックアップ機能があるサービスを選択
  • 分からなくなった際にすぐにフォローして欲しいため、アフターサービスが充実している方が良い
    →電話・メール・チャットなどのサポートが充実しているサービスを選択

これらの中から、譲れないポイントの優先度付けを行い、そのポイントを基準にVPSを選択することで納得感のある結果が得られます。

VPS比較表

VPSサービス名初期費用月額料金お試し期間最低利用期間CPUコア数メモリ容量ディスク容量回線速度スケールアップバックアップ機能サポート体制
無料~1,130円783円~14,278円10日間無料なし1コア~8コア0.5GB~16GBSSD:30GB~200GB
HDD:50GB~800GB
200Mbps対応ありメール
無料682円~53,900円なし1時間1コア~24コア512MB~64GB30GB~100GB
(SSD)
100Mbps対応あり電話・メール・チャット
無料605円~53,680円2週間無料3ヶ月2コア~12コア1GB~64GB70GB~1.8TB(SSD)100Mbps対応なし電話・メール
無料643円~30,800円14日間無料3ヶ月1コア~10コア512MB~32GB25GB~1600GB
(SSD)
100Mbps対応なし電話・メール
VPS比較表

VPS各社の特徴を表にまとめました。

先程示したポイントもとに、目的や用途に合ったVPSを選んでみてください。

選びきれない場合は、お試し期間があるもの・安いプランがあるものを利用してみて、必要に応じてスケールアップすることをおすすめします。

VPS各社の特徴・キャンペーン情報

以降では、VPS各社の特徴やキャンペーン情報を紹介します。

ABLENET VPS

公式サイト:https://www.ablenet.jp/

特徴・料金

項目内容
初期費用無料~1,130円
月額料金783円~14,278円(税込)
お試し期間10日間無料
最低利用期間なし
CPUコア数1コア~8コア
メモリ容量0.5GB~16GB
ディスク容量SSD:30GB~200GB
HDD:50GB~800GB
回線速度200Mbps
スケールアップ対応
バックアップ機能あり
サポートメール
特徴・料金(ABLENET VPS)

ABLENET VPSは、回線速度が200Mbpsとなっており、転送量も無制限となっているため、大容量のデータを扱いたい方におすすめです。

また、サーバリソースに余裕を持たせており、オーバーコミット(物理サーバの上限を超えた割り当て)は行っていないというのもあり、20年以上運営している中で、これまで大きなトラブルが起きたことが一度もない点も魅力の一つです。

一方、価格面では他社のサービスと比較して少し高めとなっているため、ランニングコストが少し高くなる傾向があります。この点に関しては、半年払いや年払いを選択することでコストを抑えられます。

年払いにすれば、554円/月~12,947円/月で利用できますよ!(金額はプランにより異なります)

キャンペーン情報

以下のキャンペーンが開催されています。

項目内容
キャンペーン期間未定
特典新規お申込みの方限定!月額料金そのままでメモリ増量中!

【VPSプラン】
・V3:増量前4GB→増量後6GB
・V4:増量前8GB→増量後10GB

【仮想デスクトッププラン(Windowsプラン)】
・Win1:増量前1GB→増量後2GB
・Win2:増量前2GB→増量後3.5GB
・Win3:増量前4GB→増量後6GB
・Win4:増量前8GB→増量後10GB
対象ホームページから新規お申込みしたお客様
キャンペーン情報の詳細

\安定して大容量データを扱いたい方におすすめ!/

詳細を確認する

ConoHa VPS

公式サイト:https://www.conoha.jp/

特徴・料金

項目内容
初期費用無料
月額料金682円~53,900円(税込)
お試し期間なし
最低利用期間1時間
CPUコア数1コア~24コア
メモリ容量512MB~64GB
ディスク容量30GB~100GB(SSD)
回線速度100Mbps
スケールアップ対応
バックアップ機能あり
サポート電話・メール・チャット
特徴・料金(ConoHa VPS)

ConoHa VPSは、テンプレートが豊富なため、使いやすさ重視の初心者の方におすすめのVPSとなります。

また、1時間ごとの従量課金制かつ月額料金に上限があるため、月ごとの利用時間に幅がある場合、長期的にみてランニングコストを抑えられます。

一方、お試し期間がないため、全くコストをかけずに試したい、といった運用には向いていません。

キャンペーン情報

下記の期間で、利用料金の割引キャンペーンが開催されています。

項目内容
キャンペーン期間2024年3月14日(月)16:00まで
特典長期割引の「まとめトク」の利用により月額料金が最大72%OFF!

■512MBの例
 ・12ヶ月:751円→321円 57%OFF!
 ・24ヶ月:751円→310円 58%OFF!
 ・36ヶ月:751円→296円 60%OFF!
■2GBの例
 ・12ヶ月:2,033円→624円 69%OFF!
 ・24ヶ月:2,033円→603円 70%OFF!
 ・36ヶ月:2,033円→575円 71%OFF!
対象■対象ユーザ
 すべてのユーザ
キャンペーン情報の詳細

\テンプレートが豊富で使いやすい!/

詳細を確認する

ミライサーバー

特徴・料金

項目内容
初期費用無料
月額料金605円~53,680円(税込)
お試し期間2週間無料
最低利用期間3ヶ月
CPUコア数2コア~12コア
メモリ容量1GB~64GB
ディスク容量70GB~1.8TB(SSD)
回線速度100Mbps
スケールアップ対応
バックアップ機能あり
サポート電話・メール
特徴・料金(ミライサーバー)

ミライサーバーは、最安605円から利用でき、業界最高レベルのコストパフォーマンスを誇っており、高品質・低価格なVPSを利用したい方におすすめです。

また、全プランSSDが搭載されており、データの読み取り・書き込み速度が高速である点も魅力の一つです。

一方、最低利用期間が3ヶ月となっているため、他のサービスと比較するとトータルの初期コストが高くなる傾向があります。この点に関しては、2週間の無料期間を活用することで良し悪しを判断できると思います。迷ったときは、無料期間を有効活用してみてください。

キャンペーン情報

現在、開催されているキャンペーン情報はございませんでした。

\業界最高レベルのコストパフォーマンス!2週間の無料トライアル付き!

詳細を確認する

さくらのVPS

公式サイト:https://vps.sakura.ad.jp/

特徴・料金

項目内容
初期費用無料
月額料金643円~30,800円(税込)
お試し期間14日間無料
最低利用期間3ヶ月
CPUコア数1コア~10コア
メモリ容量512MB~32GB
ディスク容量25GB~1600GB(SSD)
回線速度100Mbps
スケールアップ対応
バックアップ機能あり
サポート電話・メール
特徴・料金(さくらのVPS)

さくらのVPSは、データセンターに技術者が24時間365日常駐しているため、信頼性が求められる用途としてVPSを利用したい方におすすめです。

また、最安643円から利用できるコストパフォーマンスの良さも魅力の一つです。

一方、最低利用期間が3ヶ月となっているため、他のサービスと比較するとトータルの初期コストが高くなる傾向があります。この点に関しては、14日間の無料期間を活用することで良し悪しを判断できると思います。迷ったときは、無料期間を有効活用してみてください。

キャンペーン情報

現在、開催されているキャンペーン情報はございませんでした。

\信頼性・コスパの良さが魅力!14日間の無料トライアル付き!/

詳細を確認する

まとめ

今回は、VPSについて、特徴や料金を比較しつつ、解説しました。

重要な点として、譲れないポイントの優先度付けを行い、そのポイントを基準にVPSを選択するということが挙げられます。

上記を念頭において、ご自身の目的や用途に合わせたVPSを選択する際の参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク



-デバイス
-