広告 WordPress

【WordPress初心者向け】ブログを始める際のおすすめのレンタルサーバ7選

※本ページには、プロモーション(広告)が含まれています。

悩んでいる人

個人でブログを始める上でレンタルサーバを契約したいが、何を基準に選べばよいか分からない。

また、ブログを始める際はWordPressを利用したい。

WordPressが利用可能なレンタルサーバの比較結果をもとに選び方を教えて欲しい。

ブログを公開するにあたり、レンタルサーバの導入は不可欠となります。

レンタルサーバを選択する際は、費用、表示速度、ストレージサイズ、環境構築など複数の項目を考慮する必要があり、どのように選べばよいか迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで、本記事では、WordPressを用いて個人でブログを公開したい人に対し、レンタルサーバの選び方とおすすめのレンタルサーバを紹介したいと思います。

レンタルサーバを選ぶ上でのポイントもあわせて紹介するので、ご自身の目的や用途に合わせてレンタルサーバを選択する際の参考にしていただければと思います。

おすすめのレンタルサーバの選び方!

迷ったときは、以下の優先度でレンタルサーバを選ぶと良いです。下記は、ブログ運営を始める上での不明点やリスクを取り払うことができるか、という視点で選定しています。

優先度項目判断基準理由
1(最重要)価格月額料金がご自身の許容範囲内であること・毎月の費用に対し納得できているため。
・仮に続けられなくなったとしても失う金額が少なくて済むため。
2WordPress簡単インストールレンタルサーバの契約とあわせてWordPressをインストールできること・専門知識が不要であるため。
3バックアップ機能の有無バックアップ機能が標準搭載されていること・問題が発生した場合に、環境を復元できるため。
おすすめのレンタルサーバの選定基準

各社のレンタルサーバ比較表を確認する

レンタルサーバとは?

レンタルサーバ(ホスティングサービス)について調べると、以下のような説明が出てきます。

ホスティングサービスとは、通信事業者などが提供するサービスの一つで、専用の施設内に設置されたサーバコンピュータをインターネットを通じて顧客に貸与するもの。顧客は借り受けたコンピュータに必要なソフトウェアやデータを導入して運用する。

https://e-words.jp/w/%E3%83%9B%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9.html

一言で言うと、レンタルサーバとは、サーバをレンタルするサービスとなります。

具体的には、運用会社がサーバの用意やセキュリティ対策などを一括で提供するサービスとなります。

また、レンタルサーバには、共有サーバ、専用サーバ、仮想専用サーバ(VPS)の3種類があります。

レンタルサーバの紹介をする前に、これらのレンタルサーバについて紹介したいと思います。

共用サーバ

共用サーバは、1台のサーバを複数のユーザで共有する方式で、シェアハウスのようなイメージとなります。

共有サーバ(イメージ)

シェアハウスを利用する場合、複数人でスペースを共有するため、賃料は安く済ませることができます。

一方、1つのスペースを複数人で利用するため、他の利用者の影響を受けます。

これと同様の事が共有サーバでも起こります。シェアハウスの例を踏まえて共有サーバのメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

  • サーバ利用料金が安い。
  • 契約者が保守管理をする必要がない。
  • サーバに関する専門知識が不要なため、初心者でも利用しやすい。
  • 他のユーザの利用状況に応じて、サーバの処理速度などの影響を受ける。
  • サーバのカスタマイズの自由度が低い。

専用サーバ

専用サーバは、1台のサーバを占有する方式で、一軒家のようなイメージとなります。

専用サーバ(イメージ)

一軒家の場合、住人は自分の家族だけとなるため、他の人の影響を受けません。また、敷地の広さや階層を自分で決められるため、カスタマイズ性が高いです。

一方、自分ですべて決める必要があるため、一定量の知識が必要になります。

これと同様の事が専用サーバでも起こります。一軒家の例を踏まえて専用サーバのメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

  • 他のユーザの影響を受けない。
  • サーバのカスタマイズの自由度が高い。
  • サーバの利用料が高い。
  • サーバに関する専門知識が必要となる。

仮想専用サーバ(VPS)

仮想専用サーバは、1台のサーバを複数のユーザで共有する点は共有サーバと同じですが、契約者ごとに決まったスペースが割り当てられる方式で、区分所有のマンションのようなイメージとなります。

仮想専用サーバ(イメージ)

区分所有のマンションの場合、共有スペースと占有スペースの両方があり、一定の範囲で内装のカスタマイズもできます。

一方、完全に占有できるできるわけではない点がデメリットとなります。

これと同様の事が仮想専用サーバでも起こります。区分所有のマンションの例を踏まえて仮想専用サーバのメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

  • 共有サーバと比較して、サーバのカスタマイズの自由度が高い。
  • 専用サーバよりも安い価格で利用できる。
  • テンプレートが用意されていることがあり、環境構築が比較的容易である。
  • サーバに関する専門知識が必要となる。
  • 専用サーバほど回線の安定性やカスタマイズの自由度は高くない。

レンタルサーバを選ぶ際の考え方

レンタルサーバのうち、自分に合ったサービスを選ぶ際の考え方について説明します。

レンタルサーバを選ぶ際の考え方として、譲れないポイントを挙げ、優先度付ける、という方法があります。具体的には、以下のようなポイントが挙げられます。

譲れないポイント

  • 費用
  • サイトの表示速度
  • サーバのストレージサイズ
  • WordPressの導入のしやすさ
  • バックアップ機能の有無
  • 無料SSLの有無
  • サポートの充実度

これらの中から、譲れないポイントの優先度付けを行い、そのポイントを基準にレンタルサーバを選択することで納得感のある結果が得られます。

以降では、上記のポイントについて、それぞれ説明します。

費用

レンタルサーバ運用時は、初期費用に加えて維持費がかかります。このため、維持費がボトルネックにならないようすることが大切です。

また、レンタルサーバの維持費もある程度把握しておくことも大切となります。

目的に応じて料金が異なりますが、概ね月額1,000円~1,500円程度となります。費用対効果を考慮した上で、納得できるサービスを利用してくださいね。

サイトの表示速度

ブログを運営する際は、ブログにアクセスする際の表示速度も重要になります。

仮に、ブログのアクセスに10秒以上かかってしまうと、それだけでユーザが離れていってしまいます。

こうしたリスクを低減するためにも、ある程度のスペックがあるサーバを選択しておくことをおすすめします。

サーバのストレージサイズ

記事を作成する際は、画像や動画を掲載することになると思います。この場合、ストレージサイズが重要になります。

記事ごとに利用する画像枚数や記事の規模にもよりますが、目安としては、50GB程あると良いです。

また、通信量の上限値も存在します。画像枚数が増えると通信量も増加するため、通信量の上限値に達すると最悪、サーバが一時停止してしまいます。

ただ、最初のうちはストレージサイズや通信量の上限値を気にする必要はありません。アクセス数の増加や記事の増加に伴うストレージの圧迫が発生した場合、プラン変更等で対応すれば問題ないです。

WordPressの導入のしやすさ

ブログを公開する際は、多くの場合、WordPressを利用することになると思います。それと同時に、WordPressをサーバにインストールする作業(環境構築)が課題となります。

このため、手軽にWordPressをインストールできることが望ましいです。

幸いにも、近年のレンタルサーバには、WordPressの簡単インストール機能が備わっていることが多いです。環境構築に不安がある場合、WordPressの簡単インストール機能があるかを必ず確認しておいて下さい。

バックアップ機能の有無

「サーバ上のデータを誤って削除してしまった」や「サーバの設定を変えたところサーバにアクセスできなくなった」など、ブログ運営にはトラブルがつきものです。

積み上げてきたデータを失わないためにも、レンタルサーバ自体のバックアップ機能も重要になります。

契約時にレンタルサーバがバックアップ機能を提供しているかも、確認しておいた方が良いです。

無料SSLの有無

近年、Googleは、SSL化されたWebサイトをSEOの評価時に優遇する(SSL化されていることがWebサイトとしてプラスの評価となる)ようになりました。

「ランキングシグナル」としてのHTTPSについて確認する

ブログを運営する際は、SEOの評価も重要になってくるのと同時に、セキュリティの観点からSSL化しておくことが重要となります。

一方、技術的に難しい内容となるため、専門知識が乏しい場合、導入は困難となります。

上記を踏まえて、無料でSSL化できる機能があるかを確認しておいた方が良いです。

サポートの充実度

バックアップ機能の部分でも取り上げましたが、ブログ運営にはトラブルがつきものです。

こういったトラブルに自力で対応できる場合は問題ないですが、多くの人は問題発生時に運営会社にヘルプを求めることになると思います。

運営会社にサポートを求める可能性がある場合、「電話サポートの有無」が最も重要になると考えています。

これは、文字では伝わらないニュアンスを含め、リアルタイムに不明点を確認・解決できると考えているためです。

初めてブログを運営する際は、いざという時のサポートの内容も確認しておいた方が良いです。

【こんなときどうする?】優先度を決めきれない場合

先程挙げた譲れないポイントの中から、優先度を決めきれない場合は、以下の優先度でレンタルサーバを選ぶと良いです。

優先度項目判断基準理由
1(最重要)価格月額料金がご自身の許容範囲内であること・毎月の費用に対し納得できているため。
・仮に続けられなくなったとしても失う金額が少なくて済むため。
2WordPress簡単インストールレンタルサーバの契約とあわせてWordPressをインストールできること・専門知識が不要であるため。
3バックアップ機能の有無バックアップ機能が標準搭載されていること・問題が発生した場合に、環境を復元できるため。
おすすめのレンタルサーバの選定基準

上記は、ブログ運営を始める上での不明点やリスクを取り払うことができるか、という視点で選定しています。

おすすめの個人向けレンタルサーバ

ここまでで、レンタルサーバの特徴と選び方について紹介しました。

ここでは、個人向けレンタルサーバのおすすめを紹介したいと思います。

サービス名契約プラン初期費用月額料金無料期間表示速度高速化ディスク容量WordPress簡単インストールバックアップ機能無料SSL化サポート体制
ベーシック無料1,320円なしありSSD300GBありありあり電話・メール
スタンダード無料990円10日間無料ありSSD300GBありありあり電話・メール・設定代行
スタンダード無料1,320円30日間返金保証ありSSD300GBありありありメール
RSプラン無料891円最大2ヶ月分無料ありSSD400GBありありあり電話・メール
ハイスピード無料550円10日間無料あり※2SSD400GBありあり※3あり電話・メール・チャット
スタンダード無料425円2週間無料なし※4SSD300GBありありあり電話・メール
ベーシック無料770円10日間無料ありSSD300GBありありあり電話・メール・設定代行
レンタルサーバ比較表

※1:36か月契約時の月額料金となります。
※2:LiteSpeed Cacheというキャッシュ機能により高速化を実現しています。
※3:バックアップのみ無料。復旧時は手数料として11,000円かかります。
※4:月額1,100円で利用可能。プレミアムプラン以上であれば無料です。

レンタルサーバ各社の特徴を表にまとめました。

先程示したポイントもとに、目的や用途に合ったレンタルサーバを選んでみてください。

以降では、レンタルサーバ各社の特徴やキャンペーン情報を紹介します。

レンタルサーバ各社の特徴・キャンペーン情報

ConoHa WING

公式サイト:https://www.conoha.jp/wing/

特徴・料金

項目内容
契約プランベーシック
初期費用無料
月額料金1,320円(税込)
無料期間なし
表示速度高速化あり
ディスク容量SSD300GB
WordPress簡単インストールあり
バックアップ機能あり
無料SSL化あり
サポート体制電話・メール
特徴・料金(ConoHa WING)

ConoHa WINGは、Webサーバ処理速度が国内最速であることが特徴です。

また、WordPressに特化した機能が充実していることや、高い安定性とセキュリティ性がある点も魅力的です。

一方、無料期間がないため、全くコストをかけずに試したい、といった運用には向いていません。

キャンペーン情報

下記の期間で、利用料金の割引キャンペーンが開催されています。

項目内容
キャンペーン期間2024年6月25日(火)16:00まで
特典ConoHa WING(WINGパック)の料金が最大55%OFF!

ベーシックプランの例
・12ヶ月:1,452円→990円 31%OFF!
・24ヶ月:1,452円→842円 42%OFF!
・36ヶ月:1,452円→643円 55%OFF!
対象■対象プラン
 WINGパックの12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月
■対象ユーザ
 WINGパックの12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月のいずれかを新規でお申込みしたユーザ
キャンペーン情報の詳細

\国内最速!2つの独自ドメインが永久無料!/

詳細を確認する

エックスサーバー

公式サイト:https://www.xserver.ne.jp/

特徴・料金

項目内容
契約プランスタンダード
初期費用無料
月額料金990円(税込)
無料期間10日間無料
表示速度高速化あり
ディスク容量SSD300GB
WordPress簡単インストールあり
バックアップ機能あり
無料SSL化あり
サポート体制電話・メール・設定代行
特徴・料金(エックスサーバー)

エックスサーバーは、国内シェアNo.1で安定性・信頼性を兼ね備えているという特徴があります。

また、利用者が多いため、エックスサーバーの使い方に関する解説記事がすぐに出てくるという点も魅力的です。

一方、サーバ設定の反映に時間がかかるため、サーバ設定を変更後、すぐに作業したい場合は煩わしさを感じる可能性があります。

キャンペーン情報

下記の期間で、利用料金の割引キャンペーンが開催されています。

項目内容
キャンペーン期間2024年7月4日(木)12:00まで
特典・12ヶ月以上の契約で初回の利用料金が最大30%OFF!
 12ヶ月契約:20%OFF
 24ヶ月契約:25%OFF
 36ヶ月契約:30%OFF

(例1)スタンダードプランを契約する場合
 【12ヶ月契約】1,100円→880円/月
 【24ヶ月契約】1,045円→783円/月
 【36ヶ月契約】 990円→693円/月
(例2)プレミアムプランを契約する場合
 【12ヶ月契約】2,200円→1,760円/月
 【24ヶ月契約】2,090円→1,567円/月
 【36ヶ月契約】1,980円→1,386円/月
・独自ドメインを永久無料で利用可能
対象キャンペーン期間中に、12ヶ月以上で新規にエックスサーバーを契約した方(全プラン対象)
キャンペーン情報の詳細

また、スタンダードプランで「独自ドメイン永久無料特典」を利用するためには、以下の2点に対応する必要があります。ご注意ください。

  • 12ヶ月以上の契約
  • 「自動更新設定」の有効化

\国内シェアNo.1!安定性・信頼性が魅力!/

詳細を確認する

mixhost

公式サイト:https://mixhost.jp/

特徴・料金

項目内容
契約プランスタンダード
初期費用無料
月額料金1,320円(税込)
無料期間30日間返金保証
表示速度高速化あり
ディスク容量SSD300GB
WordPress簡単インストールあり
バックアップ機能あり
無料SSL化あり
サポート体制メール
特徴・料金(mixhost)

mixhostは、WordPress特化型のレンタルサーバとなります。

また、レンタルサーバ構築時に「WordPressクイックスタート」で「WordPress自動インストール」を選択すればすぐにWordPressのインストールが完了する点も魅力的です。

一方、問い合わせがメールのみとなっているため、トラブル発生時にリアルタイムでサポートを受けたい人は注意する必要があります。

キャンペーン情報

初回の契約料金の割引キャンペーンが開催されています。

項目内容
キャンペーン期間未定
特典■初回の契約料金が最大70%OFF
 ・スタンダードプラン(36ヶ月)
  【月々換算】2,178円/月→968円/月(割引率56%)
  【支払い料金】78,408円→34,848円(割引率56%)
 ・プレミアムプラン(36ヶ月)
  【月々換算】3,278円/月→990円/月(割引率70%)
  【支払い料金】118,008円→35,640円(割引率70%)
■12ヶ月以上の契約で対象ドメイン永久無料
対象・ドメイン永久無料
 12ヶ月以上の契約かつ、以下のドメインのみが対象
 「.com」「.net」「.shop」「.org」「.biz」「.info」「.xyz」「.link」「.click」
キャンペーン情報の詳細

\WordPress特化型のレンタルサーバ!30日間返金保証付き!/

詳細を確認する

お名前.com

特徴・料金

項目内容
契約プランRSプラン
初期費用無料
月額料金891円(税込)
無料期間最大2ヶ月無料
表示速度高速化あり
ディスク容量SSD400GB
WordPress簡単インストールあり
バックアップ機能あり
無料SSL化あり
サポート体制電話・メール
特徴・料金(お名前.com)

お名前.comレンタルサーバは、上級者でも自分で運用できるように作られているため、共用サーバの中でも自由度が高いことが特徴です。

また、24時間365日電話サポートもあるため、トラブル発生時にすぐにサポートを受けられる点も魅力的です。

一方、自由度が高い反面、サーバ仕様が複雑なため、初心者にとっては使いこなすのが困難になる可能性があります。

キャンペーン情報

下記の期間で、利用料金の割引キャンペーンが開催されています。

\リーズナブルな価格!手厚いサポートあり!/

詳細を確認する

ロリポップ

公式サイト:https://lolipop.jp/

特徴・料金

項目内容
契約プランハイスピード
初期費用無料
月額料金550円(税込)
無料期間10日間無料
表示速度高速化あり
ディスク容量SSD400GB
WordPress簡単インストールあり
バックアップ機能あり
無料SSL化あり
サポート体制電話・メール・チャット
特徴・料金(ロリポップ)

ロリポップ(LOLIPOP)は、月額料金が安いという特徴があります。

また、ライトプランやスタンダードプランもあるため、ランニングコストを抑えて運用したい場合、候補の一つになります。

一方、バックアップからの復旧に11,000円/回の手数料がかかるため、バックアップを手動で行うか、有償のバックアップオプションを付けるなど、万が一に備えた対応が必要となります。

キャンペーン情報

下記の期間で、キャンペーンが開催されています。

項目内容
キャンペーン期間2024年6月30日(日)23時59分まで
特典キャンペーン期間中に新規お申込み+無料期間10日以内に契約(ご入金完了)で契約期間を延長

■エコノミープラン・ライトプラン・スタンダードプラン
 契約期間を3ヶ月分延長(対象:12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月)
■ハイスピードプラン
 契約期間を1ヶ月分延長(対象:1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月)
対象エコノミープラン、ライトプラン、スタンダードプラン、ハイスピードプラン
※キャンペーン期間外のお申込み、入金締め切り日を過ぎてからのご入金、既存アカウントの契約更新やプラン変更は、キャンペーン対象外
※ご契約済みのお客様も、新たにロリポップをお申込み、ご契約いただくことでキャンペーンに参加可能
キャンペーン情報の詳細

\格安でレンタルサーバが利用可能!/

詳細を確認する

さくらのレンタルサーバ

公式サイト:https://rs.sakura.ad.jp/

特徴・料金

項目内容
契約プランスタンダード
初期費用無料
月額料金425円(税込)
無料期間2週間無料
表示速度高速化なし(月額1,100円で利用可能)
ディスク容量SSD300GB
WordPress簡単インストールあり
バックアップ機能あり
無料SSL化あり
サポート体制電話・メール
特徴・料金(さくらのレンタルサーバ)

さくらのレンタルサーバは、費用を抑えて安くブログを運営したい人にピッタリという特徴があります。

また、1996年から運営しているため、トラブル発生時、解決方法をネットで調べればすぐに得られるという点も魅力的です。

一方、独自ドメインの取得は有料となっているため、別途費用が掛かる点には注意が必要です。加えて、プラン変更に対応していないため、プラン変更する場合は解約・移行の手間が発生する点にも注意が必要です。

キャンペーン情報

現在、開催されているキャンペーン情報はございませんでした。

\老舗のレンタルサーバを格安で利用可能!/

詳細を確認する

シン・レンタルサーバー

公式サイト:https://www.shin-server.jp/

特徴・料金

項目内容
契約プランベーシック
初期費用無料
月額料金770円(税込)
無料期間10日無料
表示速度高速化あり
ディスク容量SSD300GB
WordPress簡単インストールあり
バックアップ機能あり
無料SSL化あり
サポート体制電話・メール・設定代行
特徴・料金(シン・レンタルサーバー)

シン・エックスサーバーは、エックスサーバーのシステムをベースとしたレンタルサーバであり、低価格かつハイスピードを両立したサービスであるという特徴があります。

また、リソースの管理が行われているため、一時的にアクセスが集中した場合でも他のユーザの影響を受けづらいという点も魅力的です。

一方、高速化と新技術の迅速導入に重点を置いているため、安定性に不安が残ります。安定性を重要視する場合や初心者の方は、通常のエックスサーバーの利用をおすすめします。

キャンペーン情報

下記の期間で、利用料金の割引キャンペーンが開催されています。

項目内容
キャンペーン期間2025年3月10日(月)12:00まで
特典・12ヶ月以上のすべてのプラン・すべての契約期間でサーバー移転代行0円!
・維持調整費なし
対象キャンペーン期間中に、新規で12ヶ月以上のプランを申し込んだシン・レンタルサーバのアカウント
キャンペーン情報の詳細

\低価格!ハイスピード!/

詳細を確認する

まとめ

今回は、レンタルサーバについて、特徴や料金を比較しつつ、解説しました。

重要な点として、譲れないポイントの優先度付けを行い、そのポイントを基準にレンタルサーバを選択するということが挙げられます。

上記を念頭において、ご自身の目的や用途に合わせたレンタルサーバを選択する際の参考にしていただければと思います。

サービス名契約プラン初期費用月額料金無料期間表示速度高速化ディスク容量WordPress簡単インストールバックアップ機能無料SSL化サポート体制
ベーシック無料1,320円なしありSSD300GBありありあり電話・メール
スタンダード無料990円10日間無料ありSSD300GBありありあり電話・メール・設定代行
スタンダード無料1,320円30日間返金保証ありSSD300GBありありありメール
RSプラン無料891円最大2ヶ月分無料ありSSD400GBありありあり電話・メール
ハイスピード無料550円10日間無料あり※2SSD400GBありあり※3あり電話・メール・チャット
スタンダード無料425円2週間無料なし※4SSD300GBありありあり電話・メール
ベーシック無料770円10日間無料ありSSD300GBありありあり電話・メール・設定代行
レンタルサーバ比較表

スポンサードリンク



-WordPress
-