広告 デバイス

【VPS】ミライサーバーとは?メリット・デメリットと契約方法について解説

※本ページには、プロモーション(広告)が含まれています。

悩んでいる人

価格帯やスペックを検討した上で、VPSサーバを契約したい。

候補の一つにミライサーバーが挙がっているが、メリット・デメリットや契約方法が分からないため、教えて欲しい。

こんなお悩みを解決します。

実は、私もVPSサーバを契約していますが、メリット・デメリットを把握した上で契約を進めることができています。

なぜなら、実際に公式サイトにアクセスして、内容を確認した上で、特徴や手続きの方法を判断しているためです。

この記事では、公式サイトで挙がっている特徴・料金からメリット・デメリットを抽出・反映しています。また、VPSサービスの契約手順を図解しています。

記事を読み終えると、ミライサーバーのメリット・デメリットと契約時の手順について把握できますよ。

ミライサーバーとは?

ミライサーバーは、Unix系OSのホスティングサービスとなります。

ホスティングサービスとは、サービス事業者が運用保守するサーバを、インターネット経由でレンタルできるサービスです。

ホスティングサービスとは?基本機能やセキュリティをわかりやすく解説

ミライサーバーでは、Windows専用のホスティングサービス「Winserver」を20年以上提供しており、その中で培ったノウハウを活用することで、高品質・低価格なサービスを提供できています。

こんな人におすすめ!

  • サーバの月額利用料金を抑えたい
  • サーバの処理速度が早く安定しているVPSサービスを利用したい
  • サーバの設定を自由にカスタマイズしたい
  • 一定期間は無料で試したい!

下記の期間で、キャンペーンが開催されています。

項目内容
キャンペーン期間2024年6月30日まで
特典VPSサービスである「ミライサーバー」を契約期間12ヶ月でお申込みいただくと、契約期間を1か月延長!
対象■トライアル利用でお申込みの場合
 キャンペーン期間中にトライアル利用でお申込みいただき、トライアル利用から本契約に移行されたお客様
 ※キャンペーン期間中にお申込みいただければ、本契約の移行が翌月中となる場合でもキャンペーンの適用対象となります。
■本契約でお申込みの場合
 キャンペーン期間中にお申込みいだき、1か月以内にお支払いを完了していただいたお客様
キャンペーン情報の詳細

\業界最高レベルのコストパフォーマンス!2週間の無料トライアル付き!

詳細を確認する

ミライサーバーのメリット・デメリット

以降では、ミライサーバーのメリット・デメリットについて解説します。

メリット

ミライサーバーのメリットは、以下の3つになります。

  • 豊富な契約プラン&コストパフォーマンスが高い
  • 2週間の無料トライアル期間付き
  • メモリ容量の確保やデータ保護に対応済み

豊富な契約プラン&コストパフォーマンスが高い

ミライサーバーの契約プランとして、以下があります。

項目VPS1GVPS2GVPS4GVPS6G
1ヶ月契約時の月額料金715円1,540円3,080円5,500円
6ヶ月契約時の月額料金660円1,430円2,915円5,280円
12ヶ月契約時の月額料金605円1,375円2,750円4,950円
メモリ1GB2GB4GB6GB
CPU2コア3コア4コア5コア
ディスク容量SSD 70GBSSD 150GBSSD 300GBSSD 340GB
初期費用無料無料無料無料
トライアル期間2週間無料2週間無料2週間無料-
VPS 1G~6Gプラン(plan 1)

また、ハイスペックプランとして、以下のプランも用意されています。

項目VPS8GVPS16GVPS32GVPS64G
1ヶ月契約時の月額料金6,600円12,980円26,180円59,730円
6ヶ月契約時の月額料金6,270円11,990円24,090円56,760円
12ヶ月契約時の月額料金5,940円11,440円22,880円53,680円
メモリ8GB16GB32GB64GB
CPU6コア8コア10コア12コア
ディスク容量SSD 600GBSSD 900GBSSD 1.7TBSSD 1.8TB
初期費用無料無料無料無料
トライアル期間----
VPS 8G~64Gプラン(plan 2)

プラン詳細から分かるように、月額605円~利用可能です。(VPS 1Gプラン、12ヶ月契約の場合)

2週間の無料トライアル期間付き

VPS 1Gプラン~VPS 4GBプランまでは、2週間の無料トライアル期間があります。

この無料トライアル期間を活用することで、「無料期間でVPSサービスを試し、サービスの良し悪しを確認した上で、本格的に利用する」といった使い方が可能です。

メモリ容量の確保やデータ保護に対応済み

ミライサーバーでは、サーバに割り当てる顧客の数を調整した上でサービスを提供しています。

これにより、十分な容量のメモリが確保された状態でサービスを利用できますよ。

また、「分散パリティ」+「ストライピング」(RAID50)を採用しており、ディスク障害から保護されていることも特徴の一つとなります。

RAID5「分散パリティ」とは?

RAID5はデータを複数のハードディスクに分散して格納します。さらにパリティデータ(誤り訂正補正)もあわせて書き込みを行うことで、耐障害性を高めた構成となっています。

https://note.cman.jp/server/raid/raid5/

RAID0「ストライピング」とは?

RAID0は、書き込みするデータを分割して同時に複数のハードディスクに書き込むことで速度を向上します。また、読み込みも複数のディスクから同時に行われるため高速な読み込みできます。

https://note.cman.jp/server/raid/raid0/

下記の期間で、キャンペーンが開催されています。

項目内容
キャンペーン期間2024年6月30日まで
特典VPSサービスである「ミライサーバー」を契約期間12ヶ月でお申込みいただくと、契約期間を1か月延長!
対象■トライアル利用でお申込みの場合
 キャンペーン期間中にトライアル利用でお申込みいただき、トライアル利用から本契約に移行されたお客様
 ※キャンペーン期間中にお申込みいただければ、本契約の移行が翌月中となる場合でもキャンペーンの適用対象となります。
■本契約でお申込みの場合
 キャンペーン期間中にお申込みいだき、1か月以内にお支払いを完了していただいたお客様
キャンペーン情報の詳細

\業界最高レベルのコストパフォーマンス!2週間の無料トライアル付き!

詳細を確認する

デメリット

ミライサーバーのデメリットは、以下の3つになります。

  • プランダウンができない
  • 自動バックアップ機能が無い
  • 3ヶ月の最低契約期間がある

プランダウンができない

ミライサーバーでは、プランダウンができない仕様となっています。

一方、プランアップは可能なため、VPS 1Gプランなどの小容量プランから始め、必要に応じてスケールアップしていくことでこのデメリットは解消できます。

自動バックアップ機能が無い

ミライサーバーでは、ディスク障害への対応は行っていますが、データのバックアップは契約者が行う必要があります。

カスタマイズ可能であることを活かして、自前でGoogle Driveへアップロードする仕組みを構築し、cronを用いて定期実行しておけば解決できます。(Google Driveなどクラウドストレージへのアップロードは、rcloneというコマンドで実行できます。)

また、定期的に手動でバックアップを取る、という方法もあります。

3ヶ月の最低契約期間がある

契約画面にも表示されますが、3ヶ月の最低契約期間があります。

ミライサーバーでは、2週間の無料トライアル期間があるため、この期間中に実際にサービスを利用することで、最低契約期間に関する懸念点は解消できると考えています。

ミライサーバーの契約方法

以降では、VPS 1Gプランを対象に実際の契約方法について図解します。契約時の参考にしてください。

Step1:公式サイトへアクセス

下記のリンクから公式サイトにアクセスします。

「ミライサーバー」の公式サイトにアクセスする

「お申込みはこちら」を押下します。

Step2:契約手続き

申込区分

今回は、2週間の無料トライアルを試したいため、「トライアル申込」を選択しました。

※画像は「本申込」のままとなっています。

プラン選択

今後、スケールアップすることが可能であることを考慮し、「VPS1G」を選択しました。

支払い月数の選択

支払い月数を1ヶ月、、6ヶ月、12ヶ月の中から選択します。ここでは、「1ヶ月」を選択しました。

※こちらに記載がある通り、最低契約期間は3ヶ月となります。

OS選択

複数ある中から、自分にあったOSを選択します。

私は、使い慣れているUbuntu系の最新版である「Ubuntu 22.04」を選択しました。

本申込の場合、「運用予定ドメイン」や「その他オプション」などが表示されます。

個人情報などの入力

代理店経由の申し込みではないため、ここは何も記入しません。

支払方法の選択

支払い方法を選択します。

トライアル申込時は、クレジットカード決済のみとなるため、下図に示す箇所にクレジットカード情報を入力します。

※「本申込」であれば、「クレジット決済」、「銀行振込」、「口座振替」が利用できます。

規約の同意

「利用規約」と「個人情報取扱い同意書」が表示されるので、内容を確認した上で、それぞれチェックをつけます。

VPSサービスの申込内容確認

申込内容を確認後、「会員登録/ログイン画面へ」を押下します。

Step3:会員登録

会員登録の画面が表示されるため、「会員登録(無料)」を押下します。

契約者情報の入力

画面の内容に沿って、個人情報を入力していきます。

また、先程と同様に「個人情報取扱い同意書」と「利用規約」が表示されるため、内容を確認した上で、それぞれチェックを付けます。

その後、「本人認証へ」を押下します。

本人認証の手続き実施

本人認証を行っていきます。

多くの場合、SMSで本人認証を行うため、今回は「SMSに認証コードを送信する」を押下し、手続きを進めました。

ボタン押下後、認証コード(6桁)の入力を促されるため、認証コードを入力後、「会員登録を行う」を押下します。

会員登録が完了したことの確認

会員登録が完了したことを確認後、「確認画面へ」を押下します。

Step4:申込内容の確認

最後に、申込内容を一通り確認します。

内容に相違が無いことを確認後、「申込む」を押下します。

最後に、申し込みが完了した旨が表示されれば手続き完了となります。

お疲れ様でした。

まとめ

今回は、ミライサーバーについて解説後、メリット・デメリットと契約方法を紹介しました。

最初に、ミライサーバーのメリット・デメリットとして、以下のことを伝えましたね。

  • 豊富な契約プラン&コストパフォーマンスが高い
  • 2週間の無料トライアル期間付き
  • メモリ容量の確保やデータ保護に対応済み
  • プランダウンができない
  • 自動バックアップ機能が無い
  • 3ヶ月の最低契約期間がある

また、契約する際の手順も紹介しました。

以上を踏まえて、ミライサーバーがどんな人におすすめかをまとめると以下のようになります。

こんな人におすすめ!

  • サーバの月額利用料金を抑えたい
  • サーバの処理速度が早く安定しているVPSサービスを利用したい
  • サーバの設定を自由にカスタマイズしたい
  • 一定期間は無料で試したい!

また、メールや電話での無料サポートも行っているため、初めての方でも安心して利用できます。

  • 【電話】平日の9時~12時、13時~17時(技術的な質問はメールまたはお問い合わせフォームにて対応)
  • 【メール】24時間(遅くとも1営業日以内に回答)

2週間の無料トライアルは、VPS1G、VPS2G、VPS4Gで利用可能なため、早速始めてみましょう!

下記の期間で、キャンペーンが開催されています。

項目内容
キャンペーン期間2024年6月30日まで
特典VPSサービスである「ミライサーバー」を契約期間12ヶ月でお申込みいただくと、契約期間を1か月延長!
対象■トライアル利用でお申込みの場合
 キャンペーン期間中にトライアル利用でお申込みいただき、トライアル利用から本契約に移行されたお客様
 ※キャンペーン期間中にお申込みいただければ、本契約の移行が翌月中となる場合でもキャンペーンの適用対象となります。
■本契約でお申込みの場合
 キャンペーン期間中にお申込みいだき、1か月以内にお支払いを完了していただいたお客様
キャンペーン情報の詳細

\業界最高レベルのコストパフォーマンス!2週間の無料トライアル付き!

詳細を確認する

スポンサードリンク



-デバイス
-